合理化の3S

業務は合理的に行うべきであるということに、経営者、業務の担当者問わず異論はないでしょう。
どのように合理化するべきなのかの目安として、生産の合理化における基本原則をご紹介いたします。

以下の3つの頭文字を取ったもので、3Sと呼ばれるものです。

  • 単純化(Simplification)
  • 標準化(Standardization)
  • 専門化(Specialization)

なお、「整理」「「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の5つを5Sと言います。
その中の「整理」「整頓」「清掃」を指して3Sというのですが、その3Sとは異なります。
そのため、上記の3Sと混同しないように、合理化の3Sとも言われています。

単純化(Simplification)

複雑な作業よりも単純な作業の方が覚えやすく、ミスも起こりにくく、また作業スピードも早くなります。

買い手に対して付加価値を提供するにあたって、最低限行わなければいけないことはありますが、提供する付加価値が変わらないのであれば、作業内容、作業手順といったものを単純化することで合理化につながります。

標準化(Standardization)

作業者によって業務のやり方や手順が異なると、アウトプットの品質のムラの原因になります。
また、メインの担当者以外の人間が作業をする場合、作業時間が余計にかかることになります。

業務のやり方を社内で標準化することで、品質のバラツキを減らし、作業時間の短縮が見込めます。
また、標準化することでマニュアル化することができるようになります。

専門化(Specialization)

取り扱う製品・品種を絞り込み、特定の事業内容に専門特化することで、必要となる作業の種類や工数が減ります。

また、業務に対するスキルやノウハウを得やすくなることで、競合に対する競争優位性を得やすくなります。

最後に

ITを始めとしたツールによる業務の効率化は必要なものですが、それ以前に業務内容そのものを見直さないと、ツールを導入しても効果は限定的となってしまいます。
まずは社内の業務の整理をしたうえで、3Sを実践したうえで必要なツール類をご検討されてはいかがでしょうか。